応援広告を身近に

応援広告を身近に

背景

韓国で大人気のアイドルオーディション番組「PRODUCE101」(以下プデュ)シリーズ。私は「Wanna One」を輩出したSeason2からハマり、現在、GYAOで日本版「PRODUCE101Japan」(以下日プ)が放映されている。

プデュにハマる前から韓流ドラマやKPOPアイドルが好きで、韓国式の応援方法に興味があった。韓国式の応援方法というのは、駅に応援広告を出したりカフェでカップホルダーイベントをしたりとお金のかけ方が日本とは桁違い…

(PRODUCEX101 上段キムミンギュ。下段カンミンヒ)

経緯

プデュが日本でやるとなったら私もやりたいと思っていた。応援方法は多くあるが、人の目に止まる駅広告を出すのが効果的だと考えた。しかし、想像以上に駅広告は高い!渋谷や新宿で韓国と同じぐらいの大きな応援広告を出そうと思うと7日で140万ほど…(もちろん渋谷新宿の中でも大きさや場所によっては安く出せる)制作や審査に3.4ヶ月かかる。運営から9月25日の公式の許可が出たが12月の最終回までに間に合わないと考えた。

お互いにそれぞれの推しの広告を出したいと日プの現場で仲良くなったお姉さんに相談し合っていた。他の人よりインパクトが欲しい、今投票してくれてる人だけでなく、多くの人の目に止まり、既存のファンだけでなく新規のファンに投票して欲しいと考え、インパクト重視・面白半分で共同のラッピングバス広告を企画した。
その日のうちに東京を走るバス会社数件に電話したが結果は全敗…。まず会社ではなく個人で出すのがNG。そして値段が1ヶ月で100万以上。駅広告同様に審査や作成に3ヶ月。さすがに無理…と断念した。
駅広告やラッピングバスで問題なのは期間である。1ヶ月の掲示・走行に3.4ヶ月の準備が必要だ。プデュのようなオーディション番組ではいつどのタイミングで推しが落ちてしまうかわからない。いかに早く出せるかがオーディション番組では鍵になる。それでも駅の応援広告よりバスや車の方が目立つし他の人はやっていない!!もっと現実的な値段で短い期間でも興味を持ってもらえる応援広告車を探すことになった。
探すうちに出会ったのがADOOというアドトラックの広告車。アドトラックのイメージはパチンコやキャバクラの広告で使うイメージであまりいいものではなかったが、ADOOのホームページ(https://www.adoo.cm/) には低価格で液晶モニターで複数の広告が出せるという文字が。10人の練習生を一気に宣伝し個々の個性を出すというのが目的だったからこそ複数の広告を低価格で出せることに魅力を感じた。早速電話し、価格を聞くと今までの中で1番現実的な価格…だとしても高い!!!ということで直接お会いしに行き、私がプデュにかける思いを約5時間お話した。普通の企業さんならとても迷惑な話。それを深い!面白い!出来ることは協力したい!と言ってくださる社長さん。
私の熱意をかってくれADOOの走行4日間+位置検知広告(10月29〜12月11日)を破格の値段で引き受けてくださった。この位置検知広告がすごい。ざっくりいうとアプリを開いた時に出てくる広告のこと。設定した場所や性別、年齢の人を狙って出せるから興味のありそうな人を選べる。これはすごい。

私が指定した設定↓
〇下記エリアに合計月4回以上来訪している女性
・新大久保コリアタウン
・鶴橋コリアタウン
・生野コリアタウン
・渋谷タワーレコード,HMV
・原宿LINEショップ
※平日配信:18~30代
※土日配信:18~40代

ADOOの走行場所は新宿と渋谷を指定した。
28.1日(月金)13:30-21:30
2.3日(土日)10:30-18:30
28日1日2日(平日&土):新宿
3日(日):渋谷

当初から考えていたKPOPに興味はあるけど投票をしてない人や全然興味の無い人も巻き込んで投票させたいという思いを実現するたもだ。Twitterで宣伝をすれば既存のファンにも見てもらえると思い、一日中同じ場所を周るようにしてもらった。

 実際に走っている広告車を見に行き、助手席に乗せてもらった。多くの人が立ち止まり、指を指し、携帯を構えていた。外に出て実際に走っているのを見るとモニターが目線の高さで、見上げることもなく写真も撮りやすかった。昼間に比べ、夜だとモニターが映える。発色がいい。遠くから見たときに名前の文字がしっかりみえる。気になった人が近くに来てみにくる可能性も十分あり得た。携帯を構えている人に「誰か好きなメンバーが走ってますか?これはどうやって知りましたか?」と声を掛けたところ、Twitterでの事前告知を見てくれた方、たまたま通ったからというので分かれたが興味を持って撮影しているのは確かだった。

広告車は沢山の宣伝方法があるなかで効果的な宣伝方法だと感じた。多くの不特定多数の人が見て写真を撮ったり会話の話題にしたりとかなり話題になっていると体感した。そしてその場に行くとオタクの輪が広がった。私のことを知ってくれている方はお礼がしたいとわざわざ来て下さったり、推しMENの話で盛り上がったりと、自分の担当でない子でも実際に会って話すことはいい刺激だった。
Twitterでの反応も良かった。自分も走らせたい。目立っていた。など良い印象だった。正直、駅広告は見たい人だけがみる広告のように思える。誕生日広告はそれでいいのかもしれない。が、応援広告は新規の投票者が欲しい。その為には多くの人が目にする必要がある。ADOOは多くの人の目に入る。スーツを着たサラリーマンも会話の話題にしていた。

最終日の渋谷はあまりの人の多さから有料駐車場に止め、停車時間を長く作った。1時間半の間に沢山の人が立ち止まり、写真を撮っていた。中には、遠方からこの広告車を見るためにわざわざ来た方や日プを全く知らない方までもが写真を撮っていた。宣伝効果を実感した。
本人に届くのが一番いいなと思っていたが、新宿で、今回の企画に参加した練習生のご家族にお会いした。物凄く感謝され、喜ばれている姿をみて思わず涙が出た。家族に伝わっているということは、練習生にも伝わっていると思う。また、渋谷で帰り際、脱落してしまった練習生に遭遇した。気づいたことに驚かれていたので、日プの広告車を走らせた帰りだと伝えるとTwitterでみたと。
多くの人に影響を与えることが出来て本当に良かった。

投票数が上がったかは分からないが広告車を通して多くの人にPRODUCE101を知ってもらえた。ちなみに、広告車の代理店に電話をしたのが10月6日。広告車が走ったのは10月28日。たったの22日で実現した。広告を出す上で大事なのはスピード。いかに早く応援広告を出すかが重要である。でないと、推しが脱落するかもしれないから。スピードとインパクトでいったらADOO(応援広告車)がベストだ。
例えば12月までに推しの誕生日がある!とか私たちと同じように応援広告を出したいとか駅広告の審査や金額で悩んでる人には是非オススメしたい。気になる方は(03-6276-5139)
(info@extelimits.co.jp)電話でもメールでも超テロメア企画さんに連絡して欲しい。オタクの気持ちを理解し、熱い思いがあればなんとかなる。話を聞くだけでも。
運営が許すなら推しMENである井汲大翔くん瀧澤翼くん佐藤隆士くんの来年の誕生日に1日限定で走らせるのもいいかもしれない。

日本では珍しい
応援広告をもっと身近に

最後に。大学生の私の大きすぎる願望に協力してくださった8人の代表の方々。
企画を一緒に考えてくれた中野龍之介くん代表ユイさん。
白岩瑠姫くん代表自由さん。
佐藤隆士くん代表すけさん。
北川玲叶くん代表くまうささん。
豆原一成くん代表のセルさん。
青木聖波くん代表の7upさん。
鶴房汐恩くん代表のGrueBrillanteさん。
佐藤來良くん代表で友人のMirror。
皆さんのおかげで素晴らしいものが出来ました。この1ヶ月が楽しくて堪りませんでした!
推しのデビューをこれからも応援出来たらと思います
そして、今回の企画に賛同し協力してくださった超テロメア企画さん。
本当に感謝しております。私は一般人だった彼らが周りから注目され大きく成長していく姿がとても楽しみで成りません。
自分の広告が出るという一般人だったら有り得ないことをすることで、喜んでくれるのではないかと考えていました。彼らがどうしたらこの番組に出て良かったって心から思ってくれるか少しでも幸せになってくれるかと。
私自身アイドルに求めるばかりで私にできる事はしてあげないと、応援してると間違ってないと伝えてあげたいと考えています。プデュに出たことを後悔して欲しくないからです。夢だと思っていた応援広告が応援広告車という形で実現し、多くの人に推しMENを知っていただける機会が出来、とても満足しています。
多くのご協力、ご関心をありがとうございました。

個人でできる応援広告、始めませんか?

ADOOは移動屋外広告の「複数配信」という強みで 誰もが気軽に広告や宣伝活動を行える社会を目指します。 広告を見る人も出す人もワクワクする毎日に向かって。